沿 革

西暦 ( 和暦 ) 沿 革
1893年 (明治26年)12月伊藤金太郎が神田須田町に三河屋三金商店を興す。
1923年 (大正12年) 伊藤真一が金物商から機械工具商へと業種転換。
関東大震災後、当時もっぱら輸入に頼っていた機械工具の国産化に努めた。
1935年 (昭和10年) 個人商店から株式会社三金商店と法人に改め、社長に伊藤真一が就任。
墨田区堅川町に製造部を設け、小型工作機械、プレス機械の製造を開始。
1938年 (昭和13年) 製造部の一部を独立、江戸川区小松川に株式会社三金鈑金機械製作所を設立し鈑金機械の製造販売を始める。
1942年 (昭和17年) 戦争の激化により軍部命令で、八紘航空機工業株式会社(代表取締役社長伊藤真一)を墨田区の工場内に設立、航空機部品の製造を始める。
1950年 (昭和25年)1月各社を整理統合して株式会社三金製作所と改称、神田須田町にて営業を再開、主として機械工具の販売を行う。
1954年 (昭和29年)3月社長に伊藤武男が就任。
1962年 (昭和37年)2月本社社屋(旧本社ビル)が完成。
1963年 (昭和38年) この頃より取扱商品を切削工具から配管、電気工具に重点を移す。
1966年 (昭和41年)11月お茶の水営業所(現在の神田営業所)社屋完成。
1970年 (昭和45年)7月多摩営業所 開設
10月千葉営業所 開設
本社機能をお茶の水営業所へ移し、社名を株式会社三金と改める。
1972年 (昭和47年)8月群馬営業所(現在の太田営業所)開設
1975年 (昭和50年)4月横浜営業所 開設
1976年 (昭和51年)5月埼玉営業所(現在の大宮営業所)開設
1979年 (昭和54年)7月杉並区下高井戸に商品センター/杉並営業所を開設、本社機能を移転。
お茶の水営業所を神田営業所と改める。
9月栃木営業所(現在の小山営業所)、厚木営業所をそれぞれ開設。
1985年 (昭和60年)1月高崎営業所 開設
11月江戸川区中央に東商品センター/江戸川営業所を開設、杉並センターを西商品センターと改称。
1986年 (昭和61年)10月川崎営業所 開設
1987年 (昭和62年)4月本社機能を杉並区下高井戸から創業地である神田須田町へ移転。
6月分散型オンラインシステム『SINS』稼働。
1990年 (平成2年)10月土浦営業所 開設
1992年 (平成4年)5月川越営業所 開設
9月オンラインシステム『SINS2』稼働。
1993年 (平成5年)12月創業100周年を迎える。
1994年 (平成6年)7月国分寺営業所 開設
1999年 (平成11年)9月江戸川区中央に、東西の商品センターを統合した、東京物流センター竣工。
12月山川泰燿が代表取締役社長に就任。
2003年 (平成15年)2月戸田営業所 開設
2006年 (平成18年)11月富士営業所 開設
2008年 (平成20年)5月神田須田町の新本社ビルが竣工。
2011年 (平成23年)11月仙台営業所 開設
現在に至る


『ニクナス・ガイドブック2018』


『2018オータムセール』
[PDF]

ページトップに戻る